スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


下がり続けてる時が買いか?下がり終わって上がった時が買いか?
私の投資は投資資金を一気に捻出できずに投資も資金繰りもコツコツ積み上げていってます。
投資資金にしても先に給料から引いてから小遣いとか飯代とかやり繰りしています。

少額を投資しようと思う時、投資信託の基準価額とか海外ETFを購入する際にドルに換えたりとか価額を気にしています。
その時の株価の状況を見てから『○○円~××円くらいになったら買おう』と決めてから、あとは価額との睨めっこです。
ちなみに私はドル・コスト平均法で買ったことはありませんし、今はドル・コスト平均法を勧めることもしてません。


投資信託を買うと決め自分の思った価額まで下がるといつも思うのが、下がり続けてる時に買うべきなのか?それとも一旦下がるのが止まって少し上がった時が買いなのか?ってことをいつも思います。
下がり続けてる時に買うと、約定された価額よりもその後にさらに下がるともう少し待てば良かったかなと思います。
逆に一旦下がるのが止まって少し上がった時に買うと、価額が上がった分だけ平均取得単価が上がるので、なぜ前の日に買わなかったかと思ったりします。
これは利益を得た時にもさらに儲けようと追加投資をするのと同じで、できるだけ利益を出そうと思ってるんでしょう。

ただ追加投資をし終わった場合、では後悔するのかと言えばそうではありません。
たしかに約定した日の価額よりもその後も下がっていれば待てば良かったと思いますが、もう終わったことなので、次の投資先のことにスイッチが入っています。
特に投資信託の場合は1日1回基準価額が変わるので、株式投資やETFのようにすぐに売ってお金に変換することができません。
それならば後ろを見ずに前を見ていた方がいいと思うのです。

はっきり言ってこのやり方で投資信託やETFを買ってますが、私の中で会心の買いが出来たって思ったことは1度あるかないかくらいでしょう。
他の人から買いのやり方に疑問に思っていても、私にはこのやり方が一番やりやすいなと思っています。
投資は自己責任で、私も損失が出たからって人に押し付けようとも思ってないですから、このやり方+αをやり続けていこうと思っています。




※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント
にっしーさん

投信の場合はできませんけど、ETFの場合は指値ができますので、希望買値と、それより少し下、さらに少し下という風に何個かに分けて買い注文を入れておくというのはどうでしょう?

うまく行けば全部約定しますし、外れても何個かは当たるかも知れません。全部外れた場合は・・・あきらめましょう(笑い)

おっと釈迦に説法になったかも知れませんです。。m(__)m

ところで、同じFC2ですね (^^ よろしくお願いいたします。
2009/08/31(Mon) 12:07 | URL | Tansney Gohn | 【編集
こんばんは。
ん~、毎度のことながらにっしーさんのテーマはほんと悩ましいものばかりで読んでいて楽しいです(^^)。

ボクは落ちるナイフをつかむ派ですねえ。でもなぜ、と言われると答えることができません。コントラリアンだから、というのがそれっぽい答えでしょうか。
こう言ってしまっては元も子もないですが、本当に人の満足の仕方ってそれぞれですよね。
2009/08/31(Mon) 19:55 | URL | 田舎のKen | 【編集
>> Tansney Gohnさん

確かにETFの場合は指値が使えて、希望買値と、それより少し下を何個か分けて買い注文を入れることは出来ます。
ただし、これには手数料の問題も出てきます。
国内ETFであれば、大手証券だと10万円以内であれば手数料無料だったりしますが、それ以上だと決められた手数料を取られます。
さらに海外ETFになると、1回の取引で25~26ドルの手数料を取られるので、 何個か分けて買い注文が成立した場合はその分手数料を取られるのが痛いです。

その為か1回で取引をしようとしてる私がいるんですね。


>> 田舎のKenさん

学生の時は集団を大事にしてた私がいますが、今は個を大事にしつつ周りを集で形成してますね。

何回取引をしても解決にいきませんね。
個人でエイヤ!って思って何回も取引してると、結局はその人のドル・コスト平均法になるんでしょうね。
もしかしたら人か機械かの違いだけかもしれません。
2009/08/31(Mon) 20:18 | URL | にっしー | 【編集
ビックリ!
ちょうど僕も、今日(9月1日)に、「投資タイミングを待つ」という系統の記事を書いたところでしたので。にっしーさんほど含蓄がありませんが・汗。
待てないで、今までどれだけ損してきたことか。
生まれ変わったらひたすら待てる、そうだなあ、坐禅投資家のようになりたいです。(意味不明)
2009/09/01(Tue) 21:42 | URL | 塾長 | 【編集
>> 塾長さん

待つって簡単なようで、難しいんですよね。

株でも為替でも微妙な上下をしてる時なんかは待つことの大切さを身に染みます。
そこで動くと大半は損をしてる体験がありますから。
動くのも大切ですけど待つと言うのも大切なことですよね。
2009/09/02(Wed) 18:42 | URL | にっしー | 【編集
にっしーさん,こんばんは。
いつもにっしーさんの記事には本当に考えさせられます。しかし「待ち」は本当に大切ですよね。
でも,待てないんですよねぇ。
なので,私はドルコスト中心で自分の中で待ちきれなくなった時は少額をスポット発動です。
効率の面から見れば,改善すべきところもあるとは思うけど,私なりに長期にわたって投資を続けるモチベーションと割り切っています。
2009/09/03(Thu) 22:51 | URL | deniz | 【編集
>> denizさん

株価が色々と値動きするから、どうしても待つのが難しいのかもしれません。
だとしたら、その人なりの方法で買っていくしかないですね。
長期投資になると、自分の目標の金額まで投資を3桁4桁と回数を重ねますから、自分のモチベーションを維持しつつ投資を行えば良いと思います。
くれぐれも投資でイライラを溜めないように(笑)
2009/09/04(Fri) 21:23 | URL | にっしー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。