スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


海外ETFはいくらから購入する!?
海外ETFは購入する際には証券会社に一定の手数料を支払わないといけません。
その手数料は米国の海外ETFだとUS$で、楽天証券は26.25US$、SBI証券は26.5US$、マネックス証券は26.2US$となっております。
これは投資信託だと銀行や証券会社に払う販売手数料になります。

投資信託の販売手数料は商品によってパーセンテージは違います。
販売手数料が0%もあれば、5.25%と言ったものまで様々あります。
これは10万購入しても100万購入しても販売手数料は変わりません。

海外ETFの場合は取引が1回でもあれば手数料を取られます。
5万円購入しても100万円購入しても同じように一定の手数料を取られます。
楽天証券の場合は1回の購入が5万円でも26.25US$の手数料を、100万円で購入しても26.25US$と・・・
その為に海外ETFを購入する際には、1回の購入には多くの金額を出した方が手数料が安く済むのです(1000株以上を購入する時には2.1セント加算されますが)

では、これをパーセンテージに直すとどのくらい取られるのでしょうか。
海外ETFは一度US$にしないと購入できませんが、分かりやすく1US$を100円として計算させてもらいます。


※米国で上場された海外ETFの手数料パーセンテージ
※楽天証券は26.25US$ SBI証券は26.5US$ マネックス証券は26.2US$
1US$=100円として計算 小数点が割り切れないものは省略
楽天証券SBI証券マネックス証券
5万円
10万円
15万円
20万円
30万円
40万円
50万円
60万円
70万円
80万円
90万円
100万円
5.25%
2.625%
1.75%
1.3125%
0.875%
0.65625%
0.525%
0.4375%
0.375%
0.328125%
0.2916…7%
0.2625%
5.3%
2.65%
1.7666…7%
1.325%
0.8333…3%
0.6625%
0.53%
0.4416…7%
0.3785…3%
0.33125%
0.2944…4%
0.265%
5.24%
2.62%
1.7466…7%
1.31%
0.8733…3%
0.655%
0.524%
0.4366…7%
0.3742…1%
0.3275%
0.2911…1%
0.262%



インデックスファンドを購入する時には販売手数料は0%なので気にしていませんが、こうして見ると、結構取られるんですね。
そしてこの表で投資家がいくらから海外ETFを購入しようかと言う目安にもなるのかなと思います。
ちなみに1US$を100円で計算してますが、今現在1US$が88~90円で推移してるので、パーセンテージはこの表よりも小さくなります。

私としては、1%を切るくらいで購入したいなと思っています。
皆さんの意見はどうでしょうかね?




※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント
こんばんは。
確かに最低でも1%は切るくらいが望ましいですね。
大金で購入するのは緊張しますし(笑)、リレーしないですむ状況ができれば一番望ましいのですが・・・。
2009/11/26(Thu) 20:24 | URL | 田舎のKen | 【編集
>> 田舎のKenさん

手数料1%を切るには30万くらいが良いのでしょうが、庶民から見ると大金なんですよね(笑)
リレーにしても大金で購入するにも悩ましい限りです。
2009/11/27(Fri) 21:30 | URL | にっしー | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/28(Sat) 21:27 |  |  | 【編集
意外と忘れているのですが、売却時にまた手数料がかかるんですよね。

ってことで、僕は往復で1%を超えないところでリレー投資(ざっくり60万程度)しています。
2009/11/29(Sun) 17:33 | URL | Black bullet | 【編集
>> Black bulletさん

ETFですから売却時にも手数料がかかりますね。
手数料に関しても人によって違ってきますから、その人の価値観と経験で決めていけばいいと思います。
2009/11/30(Mon) 01:40 | URL | にっしー | 【編集
私も今、同じように悩んで時間ばかりが過ぎています。出来れば先進国と新興国に分けたいのと、時間分散も必要だと思います。
2009/12/01(Tue) 22:50 | URL | kumadepanda | 【編集
>> kumadepandaさん

先進国だとTOK、新興国ならEEMが代表的でしょうか。
今では世界全体に投資できるVTもありますし、投資家によっては自分でポートフォリオを作ったりしてますね。

時間分散+投資分散、いろいろやることはたくさんありますが、焦り過ぎて精神的に参ってしまわないようにするのも大切かと思います。
2009/12/01(Tue) 23:31 | URL | にっしー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。