スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


自分の利権の為に経済は二の次?
寝る前に今日のアメリカの金融安定化法案裁決で可決されるんだろうと思って寝につきました。
そして6時の経済ニュースを見る為にテレビを6時に付くように設定してたんですが・・・
6時になってテレビが付き、虚ろで起きてみると耳にしたのが、

『採決の結果、否決されました』

なんですって!?
予想外の展開に頭が一気に冷めました。
株価も為替も一気に落ちていてビックリです。
そして頭の整理をしてやることは1つ、この状況で投資信託と外貨MMFで購入して良い物を選択すること。
まさか朝から投資をするとは思いませんでした。


いろんなニュースを見ていて、否決の要因は国民の税金を使うなとか言っていますが、選挙前と言うことで国民目線で否決してるんでしょう。
なんか日本の政治家の方が選挙の時だけ国民の皆さん・・・とか礼儀正しくしてるのに、当選したとたんに急に威張る。
どの国でも一緒なんでしょうね。

あと否決されたからと言って責任を人に押し付けるのも政治家の仕事なんでしょうか。
共和党も民主党も人になすりつけていますが、早く他の策なり緩和するなりして欲しいものです。
今の経済はアメリカの株価を見て他の株価が連動しています。
大統領選も大事ですが、今の経済を少しでも立て直す案をやった方が大統領選で有利になると思うのは私だけでしょうかね。




※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント
No title
アメリカ政府が対策をうってたから大丈夫だと
思っていたら、議会がストップを。
日本では見られない状況のような…。
アメリカ国民は自由主義経済で国が民間銀行を税金を使って
救済することに反対なんでしょう。
とはいえ、大企業が倒産したら、
結局困るのは、国民になるので
結局、法案は通るのではないかと妄想してます(笑)
それまで、経済がもつかどうかは分かりませんが…
 
確か、大統領候補のマケイン氏もオバマ氏も
金融安定化法案に賛成だったと思います。
自信ないですけれども…。
2008/09/30(Tue) 23:00 | URL | 蒟蒻 | 【編集
No title
>> 蒟蒻さん

アメリカの投票って党派があっても最終的には個人が決めれますからね。
そこが日本と違うとこでしょう、もし日本でこんなことしたらアメリカ以上に凄いことが起こるでしょうね。

マケイン氏もオバマ氏も金融安定化法案に賛成ですが、どちらが自分を上に見せるかが見てて分かりますね。
国民は最初からウォール街の人間を救済するのが嫌なんでしょうが、アメリカ経済4割が金融業なので、このまま見捨てればアメリカ事態が危ない方向に行くでしょうね。

どっちにしても何かしら法案をしないと不味いのは事実のようです。
2008/10/01(Wed) 02:12 | URL | にっしー | 【編集
No title
同感です。
まったく、本当に。民主制国家の代表格であるアメリカでもこの程度なのか・・・とがっかりします。
日本の政治家もまったく期待できませんし・・・。

民主政治そのものが限界なんじゃないかと思ったりします。
2008/10/01(Wed) 20:41 | URL | マルキール | 【編集
No title
>> マルキールさん

アメリカがやらかしたサブプライム問題で他の国も影響してるので、きちんと尻拭いをしてもらいたいです。

民主主義の限界というよりも、所詮は人の欲には敵わないのかなという感じです。
我々のように愚痴を言うだけでなく行動して経済を立て直す事が出来るので、きちんとやって欲しいものです。
2008/10/01(Wed) 21:38 | URL | にっしー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。