スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


貴方のファイナンシャルゴールは何処ですか?
投資をしている人もそうでない人もその人には最終的に行きたいゴールがあると思います。
お金持ちになりたいと言う人もいれば、静かにのんびり暮らしたいと言う人もいるでしょう。
できる、できないに関係なしに10人いれば10通りの答えが返ってくるでしょう。

では、そのゴールに着いた時の映像を心の中に思い描いてみてください。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・。

どうですか・・・?
ちょっとニヤッとしませんでしたか?
その今思ったゴールの映像を心のスクリーンに何度も、何度でもそれを映し出してください。
そのイメージがはっきりいていればいるほど、映し出す回数が多ければ多いほど、その時間が長ければ長いほど実際にゴールに辿り着くまでに必要なものが分かってきます。

ゴールを映像に流してもそれまでの経過も忘れてはいけません。
そこに辿り着くまでにいくつもの階段を上がってきていると思います。
何も準備もせずに、いきなりエイヤッと飛び込むのはあまり良くありません。

計画を立て、準備を行い、実行に移し、結果を出す。

もし結果を見て修正する箇所があればすぐに修正を行い、また実行に移す。
これを繰り返すうちに最終的に自分の描かれたゴールに向かっていくと思います。
ただ、そのゴールに向かっていくのだから、そのゴールに向かう過程は全てその人の自己責任となります。
何か悪い事が起こっても自分が最終的に解決させるのです。
例え人に任せて悪い方向に行ったのだからその人が悪いと言っても、その人に任せたのは他ならぬ貴方なのです。
計画に従って行動し、結果を出してその結果に責任を持つこと。
それが貴方の描いたゴールに向かい、チャンスの扉を自分の手で開かれることになると思います。


貴方の描くファイナンシャルゴールに向かっても相当の時間がかかるかもしれません。
もしくは、そのゴールに対して馬鹿にする人もいるかもしれません。
しかし、それは貴方のゴールであってその人のゴールではありません。
自分の本当にやりたい事を信じ、やり続けることが本当の近道になるかと思います。

ファイナンシャルゴールは1日で行ける場所では無いと思います。
それを日々、思い続けてやり続けることで少しづつでもゴールに向かっていければと思います。




※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント
No title
目標を明確にして、計画を立てないと
ゴールにたどり着くのはなおさら難しいですよね。。

やはり、株の他、不動産はぜひともやりたいところです。

その前に、嫁探しと言うある種難しい問題がありますが(^_^;)
2009/01/21(Wed) 11:24 | URL | こうへい | 【編集
No title
>> こうへいさん

株なり不動産なり、いきなりやると何かあった時の対処方法が分からないので、それはいけません。
何をやるにもリスクは付くので、きちんと準備をしてリスクをいかに小さくするかですね。

嫁探しですか・・・
その前に女の子と話せる勇気が最初でしょうね。
結婚も実はゴールの中の1つなのかも(笑)
2009/01/21(Wed) 21:02 | URL | にっしー | 【編集
No title
私の場合、ファイナンシャルゴールは決めてないというのが正解です。

しいて言うなら。。。
まずは年間収支を安定してプラスにすること。
そのために月間収支もプラスにしていくこと。

とりあえず、昨年の年間収支はかろうじてプラスだったので、
今年もまずは年間収支をプラスにすることを目標にしています。
2009/01/24(Sat) 10:28 | URL | しおじゃけ | 【編集
No title
>> しおじゃけさん

年間収支をプラスは簡単にできるようでできなかったり。
私は働き始めてから年間収支は毎回プラスですが、今年に関してはどうなるか分かりませんね。

年間収支のプラスは大変ですが、やるべきことをきちんとやってプラスにもっていきたいとこです。
2009/01/25(Sun) 15:53 | URL | にっしー | 【編集
No title
私もファイナンシャルゴールは設定していないです。

ファイナンシャルにゴールなんてものはない気がするんですよね。

資本主義自体永続性を前提としていますし、子々孫々先祖の栄枯盛衰を起点に自分の世代を歩んでいく訳で、『相続税?死んだら全部没収!』って世界でもない限り、個々人が勝手にゴールを設定していいものではないような・・・

たかだか自分の半生でそれなりのモノを築いたとしても、それはファイナンシャルにおいてせいぜい中期計画の達成程度のモノでしかないと思っています。

次世代すら考慮しない投資は、すべからく投機性を帯びた投資ではないか?
私にはそのような気がするのです。
2009/01/25(Sun) 21:28 | URL | ウーモン | 【編集
No title
>> ウーモンさん

子々孫々のことを考えると私一個人としては確かに中期的な一部分で、それから私からの子々たちが続いていくと思うと確かにそうかもしれません。

ただ私は自分の資産において子供に引き継ぐのは否定派なのです。
理由として、私の親と親兄弟が祖父祖母の遺産相続で争ってるのを見てなんて醜いものかと思って・・・
遺言書を残してなかったのも原因ではありますが、そんな争いになるなら生きてる間に渡しておくか、寄付した方が良いなと思っています。

相続するなら資産を渡すよりも生きていく中でのお金に関する知識を子供たちに引き継いで貰った方がいいと思っています。
だって、相続って子供たちにとっては宝くじに当たったと同じで働いてないのに受け取るんですから知識がないとすぐに使っちゃいますからね。
2009/01/26(Mon) 00:15 | URL | にっしー | 【編集
No title
>生きていく中でのお金に関する知識を子供たちに引き継いで貰った方がいいと思っています。

これは金銭の多寡に関わらず最も大事な事だと思います。
金銭、知識、どんな形であれ自身の金融哲学を次世代に伝えていく訳ですから、死んでも永久にレースは続くんじゃないかなぁと。

ファイナンシャルゴール。
ゴールと一区切りつける感覚はゲーム的な要素を強く想起してしまいます。
どれだけ長期保有しようが、それは半生という時間をかけて遊んだマネーゲームではないかと。

投資も投機も大なり小なり資本家サイド・統治者サイドに立つ行為です。
古今東西、経営者・君主をみるに、自身一代を考えるのではなく、もう少し広く大局観を持つことが投資家・投機家には求められるのではないかと考えています。


まっ長々と書いていますが、『ゴール』という単語が資本主義という世界にそぐわない気がしているだけだったりします。(笑)
2009/01/26(Mon) 20:01 | URL | ウーモン | 【編集
No title
>> ウーモンさん

子供の金銭感覚も親の影響をモロに受けますから、年齢を見て徐々にお金に関する知識を教えていきたいですね。

ファイナンシャルゴールに関しては私自身ももう少し勉強しないといけません。
広く大局観を持つことを私も覚えないといけませんね。
2009/01/27(Tue) 19:22 | URL | にっしー | 【編集
こんばんは
ファイナンシャルゴールではないかもしれませんが、60歳での目標は持っています。
お金の目標ってのは単純で分かりやすいですね(笑)

それとは別に、やりたいことの目標はまだフラフラしています。

20代からゴールを見つめてるってすごいことだと思います。うさみみの場合は、ただ目の前の壁を1つづつ壊していくことだけしか頭になかったものですから。。。

2009/01/27(Tue) 20:39 | URL | うさみみ | 【編集
No title
>> うさみみさん

私もよく目標にフラフラしてると言われてます。
自分で行動するにしても相手から言われて行動するにしても頭で浮かんだことはすぐにやるようにしています。

20代とか年代は最近関係ないかなと思っています。
だって20代である私よりも下の子で尊敬している人も私はいますし、逆に負けないぞと思ってこちらもやる気が出てきます。
少しでも目標が達成するとドーパミンが出てきてワクワクしますよね。
うさみみさんも目の前の壁を壊したときもそれと同じようなものが出てきてると思いますよ。
それを毎日少しずつやって、自分の目標に繋げていけたら良いですね。
2009/01/28(Wed) 22:51 | URL | にっしー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。