スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


午堂登紀雄(2009.2)『お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方 』日本実業出版社
私が読んだ本です。
本屋で目に止まった本です。


本を読んでると分かりますが、『とにかくポジティブな話』ばかりでした。
お金に関する知識がある人なら聞いたことあるような格言もチラホラありましたが、絵と文章のバランスが良く全体的に読みやすい本だったと思います。
年代的に20代の社会人になりたての人が読むと良いでしょうね、知識を得るにはもってこいだと思います。
だからと言って全てを実践しろとまではいかないでしょう、この本で現時点で出来ないこともあったりしますが、これについては階を重ねればクリアできることだと思います。


ちなみにこの本には投資信託のことも一部載せてありましたが、浅く書きすぎていると思います。
これだと良い投資信託な全くないと言っているのと同じで、投資信託を全否定しているとも取れる内容です。
では本当に投資信託は駄目なのか?と言うとゼロではないと思いますし、それは投資家によって意見が分かれると私は思います。
逆に作者は株やFXがプロと同じ土俵で立って判断が出来ると言いますが、プロと素人が同じ土俵に立つことは決してないと思います。
情報網から知識から判断まで、素人と同じ土俵にいても勝てる確率は全く違うでしょう。
またリスクやリターンを書いていないので、これだけの文章だとまた数百万も損をした人をつくりかねません。

株やFXがどうして良いのか?投資信託がどう駄目なのか?
これだけの内容だと知識のある人からすると?マークがついてもおかしくないと思います。
この辺は詳しく書かないといけなかったと思います。


作者も言っていますが、三大原則『学び、稼ぎ、返す』は社会において原則のルールであると思います。
私も知らないうちにいろんな人から投資をされていたりしていて、それをきちんと還元できているのかと思いました。
とは言っても行動しないことには始りません。
この本で得ることは私なりにたくさんありましたので、この本を真似て出来ることはまずやってみようと思いました。



お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方
(2009/02/17)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る





※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。