スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


三菱UFJ投信が低コストのETFを来月上場させます
国内ETF事情にまたもや新展開があります。

[4月17日/日本経済新聞 朝刊]
三菱UFJ投信、低コストETF 信託報酬0.08%、5月上場

三菱UFJ投信は5月中旬に上場する東証株価指数(TOPIX)連動型の上場投資信託(ETF)で信託報酬を0.08%まで引き下げる。国内ETFでは最も低コストのETFになる。すでに同指数に連動するETFは東京証券取引所に3本上場されている。最後発の三菱UFJ投信は、低コストを打ち出してシェア獲得を狙う。

 信託報酬はETFの時価に応じて投資家が運用会社に支払う手数料。これまで国内市場に上場されているETFで最も信託報酬が安かったのは日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンドTOPIX」の0.09%だが、売買単位が1000口(80万円程度)からと大口だった。三菱UFJは売買単位を10口に小口化し、個人投資家にも買いやすくする。


記事にもあるように上場インデックスファンドTOPIX【1308】は1000口からなので、最低でも今現在でも80万円前後で取引されています。
普通の人だとそこまで貯めるのに時間がかかるので、私も含めて投資家たちはTOPIX連動型上場投資信託【1306】を購入してることでしょう。
さらに、上場インデックスファンドTOPIX【1308】の信託報酬額は0.0889%、TOPIX連動型上場投資信託【1306】の信託報酬額は0.11%以内なので、つまり三菱UFJ投信が上場させるETFはインデックスファンドTOPIX【1308】とTOPIX連動型上場投資信託【1306】の良いとこを取ったETFと言えるでしょう。

私個人としては、このETFについては様子を見ようと思っています。
確かに魅力的は商品だと思いますが、流動性やETFの残高がどうしても気になります。
信託報酬額がどんだけ下がっても取引が少なければ意味がありません。
そんなわけで、5月上場を楽しみにしつつ、傍観させてもらいます。

私のような投資家から言わせてもらうと、頑張って欲しい一言には変わりありませんけどね。




※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF (VTI)の配当金が出ました
VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF (VTI)を2月に購入して、初めての配当金が出ました。

配当金が四半期毎と言うことで、3ヵ月に1回出るようで・・・
年に4回出るので、税金の関係上だと勿体無い気がします。
さらにETFの場合は配当金が出ても再投資が自動で無いために預金となるので、それも勿体無いですね。

まずは配当金については、私は楽天証券で購入してるので外貨MMFにしまいます。
あとは足りないお金を入れるなり、次の配当金を合わせたりしてETFの追加購入と思っています。


ちなみに家に配当金の案内書が来たんですが、確定申告の際にはこれが必要なんでしょうか。
私は投資信託やETF関連のような銀行・証券会社から送られてきた物はその年の分を全て1つの箱に入れて保管しています。
この案内書がないと確定申告の際に二重課税の申告は出来ないと思いますので、これはそのまま保管しておこうと思います。










※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


海外ETFを初購入しました
指値でずっと購入できるように待っていましたが・・・
どうやら今日、海外ETFを購入することができました。
購入したのは1点。

・VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF (VTI)
 (MSCI US ブロードマーケットインデックス ・米国市場全体に投資 ・管理報酬0.07%)


購入するまで長かったです。
本当は一度買えるチャンスがあったのですが、いろいろあってネット出来ない状況でした。
今回はなぜか前の日に買えるかもしれないと頭に浮かんで注文だけしていました。
ちなみに海外ETFは楽天証券で購入しました。

初の海外ETFを購入して感じたことがあります。
それは、注文が投資信託とさほど変わらないことです。
投資信託を最初に買った時には買うと決めた後もどうしようかドキドキしていたのを覚えています。
今では慣れてしまったのか、ポチッ!ポチッ!で終了~みたいな感じですね(笑)
そのせいなのか、海外ETFを購入もそれと同じ感覚なのです。
海外ETFも他の投資信託や国内ETFと同じで長期で運用しようと思っているのもあるでしょうが、買った後に『~たら』とか『~れば』を言いたくないのもあると思います。
買ったからにはどっしりと構えるだけです、あとは次の商品のお金を貯めるだけですかね。


アメリカのETFはこれ1本で良いと思っています。
後はヨーロッパのETFを購入するか、他の国のETFを買うかはこれから決めたいと思います。
これで1歩前に進んだかなって思います。

さて、海外ETFを買ったからには来年は確定申告をやらねばいけませんね。
二重課税で海外の税金を取り返すために申告を・・・ちょっとドキドキです。
面倒だとは思いますが、これも勉強だと思ってその時はきちんとやりたいと思います。










※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


マネックス証券、SBI証券もバンガード社3銘柄を追加
楽天証券と同じくネット証券2社も追走してバンガード社の3銘柄を追加してきました。

※マネックス証券
【米国ETF】バンガード社から待望の3銘柄追加!

※SBI証券
米国ETF/3銘柄追加(11/19~)

ちなみに3銘柄は以下のとおりです。

・VANGUARD EMERGING MARKETS ETF (VWO)
 (MSCI Emerging Markets Indexのパフォーマンスに連動 ・管理報酬0.25%)

・VANGUARD EUROPEAN ETF (VGK)
 (ヨーロッパ企業で構成されるMSCI Europe Indexに連動 ・管理報酬0.12%)

・VANGUARD PACIFIC ETF (VPL)
 (MSCI Pacific Indexに連動 ・管理報酬0.12%)



海外ETFに関しては、商品の発表はほぼ同じ時にするようになりましたね。
あとはサービスの質の問題でしょう、いかに投資家に好まれるようなことをするかだと思います。

そろそろ冬のボーナス時期に近づいてきたので、キャンペーンの発表も近いと思っています。
ボーナスを貰える方で自由に使える権利がある方は、ここで一気に投入をかけるんでしょうね。
人気のバンガード社のETFということで、大量の資金が流れることは予想されます。
これを気に海外ETFに参入される方もいらっしゃるんでしょうね。














※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


楽天証券、エマージングETFと欧州ETFの3銘柄を追加
楽天証券さん、なかなか良い仕事をしてくれます。
バンガード社のETFをさらに追加してきました。

【海外ETF】バンガード・エマージング・マーケットETF(VWO)を含む3銘柄追加のお知らせ

ちなみに3銘柄は以下のとおりです。

・VANGUARD EMERGING MARKETS ETF (VWO)
 (MSCI Emerging Markets Indexのパフォーマンスに連動 ・管理報酬0.25%)

・VANGUARD EUROPEAN ETF (VGK)
 (ヨーロッパ企業で構成されるMSCI Europe Indexに連動 ・管理報酬0.12%)

・VANGUARD PACIFIC ETF (VPL)
 (MSCI Pacific Indexに連動 ・管理報酬0.12%)



【取扱開始日】
11月14日(金)国内約定分より、注文受付は11月13日(木)15時から開始予定。


エマージングETFでEEMを購入している方が多いと思われますが、EEMの管理報酬は0.74%に対して、VWOの管理報酬は0.25%と、かなり安くなっています。
やはりバンガード社のETFと言うことでしょうかね、管理報酬がかなり安いので投資家の方たちがEEMからVWOに変更するかもしれませんね。

私としてはヨーロッパETFのVGKが購入できるようになったのが嬉しいです。
管理報酬が0.12%って・・・本当に安いですね。
アメリカ連動ETFとヨーロッパ連動ETFがバンガード社で購入できるようになって、私もますます投資に力が入りそうです。
それにしても楽天証券はスピードが速いですね。
海外ETFを購入する際にどこのネット証券を使おうか迷いましたが、今思えば楽天証券にしてよかたtかもしれません。
これからも楽天証券を応援していきたいと思います。










※記事を読んだらポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。